土木学会WEB情報誌『from DOBOKU』〜土木への偏った愛

土木のことをカジュアルに噛み砕いたユニークな形で届けることを目的に、土木工学の専門家やインフラ管理支援ボランティア、土木工学を志す学生たちが文章、写真、イラスト、動画、音声配信などのコンテンツを発信していく『from DOBOKU(フロムドボク)』です。

土木学会WEB情報誌『from DOBOKU』〜土木への偏った愛

土木のことをカジュアルに噛み砕いたユニークな形で届けることを目的に、土木工学の専門家やインフラ管理支援ボランティア、土木工学を志す学生たちが文章、写真、イラスト、動画、音声配信などのコンテンツを発信していく『from DOBOKU(フロムドボク)』です。

    マガジン

    最近の記事

    • 固定された記事

    土木偏愛note『from DOBOKU』を開設します!【Editor's note #01】

    令和3年4月から、土木好きが土木を語る土木好きのための土木偏愛note『from DOBOKU』(フロムドボク)を開設します! 唐突に宣言をしてしまい、一体このnoteは何? と思われている方が多いと思いますので、偏集長からの言葉を「Editor's note」としてお伝えします。 【届けたいこと】 土木は社会を支えるインフラ作りを長い年月をかけて行ってきています。今年2021年は東日本大震災から10年が経ちました。この10年の間だけでも、台風、豪雨、地震、大雪などによる

      • 土木学会誌 第108巻 第1号 特集「世界からみた日本の土木」

        日本大学の岩城 一郎先生が編集長となられた土木学会誌編集委員会新体制の記念すべき第1号。新しく学会誌の顔となった山崎 エリナさんの人に着目した写真が光る。 「土木と人」「外から見た土木」「地域と土木」の三つを編集方針とした岩城体制の記念すべき最初の特集は「世界からみた日本の土木」主査は建設コンサルタントの山本礼子Reiko Yamamotoさん。 こちらも、松永 昭吾さん、小川 慎太郎さんと田中尚人の新三役の衣替えとなった土木学会WEB情報誌from DOBOKU の土木

        • お寺の副住職が重機テーマパークを作った!vol.3〜土木のえんがわ〜

          Good Day!! 土木にまつわるいろんなテーマをピックアップしてお届けするラジオ感覚のバラエティトーク番組「土木のえんがわ」です。「お寺の副住職が重機テーマパークを作った!vol.3」をお届けします。vol.2で掘り下げた「重機テーマパーク」から、お話は発案者である副住職へと展開していきます。 皆さんのお相手は from DOBOKU副編集長:外山田 洋 株式会社グランドレベル代表:田中 元子 映像制作会社勤務:佐藤 洋輔(居候) 通勤・通学のお供に、ランチタイムや食事の仕込みどき、あるいはお酒のおつまみとしてなど、それぞれのライフスタイルに合わせて聞いて頂けると嬉しいです。 vol.1:https://from-doboku.jp/n/n2505f0ecfa4a vol.2:https://from-doboku.jp/n/n8fedce5d42af 写真:宇津木良 題字:上領鶴瓏

          • 【偏愛土木写真023】「立野ダム」の建設現場に潜入してみた

             このコーナーでは、土木写真部の部員が一押しの土木構造物やお気に入りの写真をご紹介します。第23回は、国土交通省九州地方整備局が熊本県中北部を流れる一級河川「白川」の上流に建設中の「立野ダム」について、土木写真部の活動の様子も交えながらご紹介します。 立野ダム(左岸:熊本県菊池郡大津町大字外牧、右岸:熊本県阿蘇郡南阿蘇村大字立野)  土木写真部では、日頃は、それぞれの部員が時間のあるときに撮影した写真をSNSで情報発信(「#土木写真部」で検索)するとともに、年に1~2回程度

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • 土木学会誌をつくる人々
            土木学会WEB情報誌『from DOBOKU』〜土木への偏った愛
          • 土木のえんがわ
            土木学会WEB情報誌『from DOBOKU』〜土木への偏った愛
          • テーマ「ダム」
            土木学会WEB情報誌『from DOBOKU』〜土木への偏った愛
          • 土木スーパースター列伝
            土木学会WEB情報誌『from DOBOKU』〜土木への偏った愛
          • Editor's note
            土木学会WEB情報誌『from DOBOKU』〜土木への偏った愛
          • テーマ「坂」
            土木学会WEB情報誌『from DOBOKU』〜土木への偏った愛

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            お寺の副住職が重機テーマパークを作った!vol.2〜土木のえんがわ〜

            Good Day!! 土木にまつわるいろんなテーマをピックアップしてお届けするラジオ感覚のバラエティトーク番組「土木のえんがわ」です。「お寺の副住職が重機テーマパークを作った!vol.2」をお届けします。vol.1では辿り付かなかった「重機テーマパーク」について掘り下げています。 皆さんのお相手は from DOBOKU副編集長:外山田 洋 株式会社グランドレベル代表:田中 元子 映像制作会社勤務:佐藤 洋輔(居候) 通勤・通学のお供に、ランチタイムや食事の仕込みどき、あるいはお酒のおつまみとしてなど、それぞれのライフスタイルに合わせて聞いて頂けると嬉しいです。 vol.1はこちらです。 https://from-doboku.jp/n/n2505f0ecfa4a 写真:宇津木良 題字:上領鶴瓏

            土木のえんがわ〜お寺の副住職が重機テーマパークを作った!vol.1

            Good Day!! 今日から始まったラジオ感覚のバラエティトーク番組「土木のえんがわ」へようこそ!土木にまつわるいろんなテーマをピックアップしてお届けしていきます。記念すべき第一回は3回シリーズの1回目「お寺の副住職が重機テーマパークを作った!vol.1」です。 「お寺」「副住職」「重機」「テーマパーク」 つながりそうにないこの4つのキーワードがどう組み合わさっていくのか!? 皆さんのお相手は from DOBOKU副編集長:外山田 洋 株式会社グランドレベル代表:田中 元子 映像制作会社勤務:佐藤 洋輔(居候) 通勤・通学のお供に、ランチタイムや食事の仕込みどき、あるいはお酒のおつまみとしてなど、それぞれのライフスタイルに合わせて聞いて頂けると嬉しいです。 写真:宇津木良 題字:上領鶴瓏

            超マニアック!土を愛する大学生が「土質力学の父」に時空を超えて手紙をしたためてみた

            みなさん、ご存知でしょうか? 今日11月28日は「いい地盤(1128)の日」です。地盤と言ってもピンとこない人が多いかもしれませんが、家やビル、橋といった、私たちの生活に欠かせない構造物は多くの場合、その下の地盤が支えています。どんなに強い構造物を作ったとしても、その下の地盤がゆるゆるでは、構造物は不安定になってしまいます。今回は、この地盤についての土木偉人を紹介したいと思います。 申し遅れました。私は京都大学で地盤の研究を行っている修士1年の江城静順(えしろしずか)と申し

            ”思い”を動画で保存します

            偏集長のマツです。 「土木技術者としての思い」をアーカイブするためにYouTubeチャンネルを開設します! 公開日は「土木の日」こと11月18日(金)を予定しています。 内容は中学3年生向けですが、おとなの方も観ていただき、教養のひとつとして土木や防災減災に興味を持っていただけたら幸いです!! 予告編はシネマティックな映像ですが、本チャンはいつものマツです♪ YouTubeにアカウントをお持ちの方は、「チャンネル登録」と「いいね」をいただけましたら励みになります。 <予

            日本インフラの体力診断vol.2

            マツです。 すっかり暑さもやわらぎ、外を歩くと秋風が心地よくなってきましたね。 さて本日令和4年9月12日。土木学会が発表した「日本インフラの体力診断vol.2(地域公共交通、都市鉄道、下水道編)」についてのパネルディスカッションが開催され、重厚なパネラー陣の末席に加えていただきました♪ コーディネーター:  塚田幸広(土木学会専務理事) パネラー:  足立敏之(参議院議員/土木技術者)  高橋勝浩(稲城市長)  家田 仁(政策研究大学院大学教授・第108代土木学会会長

            国分寺崖線のビール坂は湧水が豊かな地形にあった!

            小ネタ「ビール坂」を3回連続でお届けする坂好き、勾配フェチの副偏集長の外山田です。まだまだ暑い日続いていますね。9月になれば少しは秋めいてくるのでしょうか、厳しい残暑は勘弁してもらいたいところですけど、いづれにしても、まだビールで喉を潤す日々は続きそうですので、3回目(最終回)をお届けしようと思います。 前々回の東京・恵比寿のビール坂はこちらです。 前回の横浜のビール坂はこちらです。 スペック なぜ、調布市は「ビール坂」と呼ばないのか?同じく「ビール坂」を共有している

            【偏愛土木写真0022】しゃれた町のしゃれた橋「馬見原橋」

             このコーナーでは、土木写真部の部員が一押しの土木構造物やお気に入りの写真をご紹介します。  第22回は、日本を代表する歌人「若山牧水(宮崎県出身:1885-1928)」が17歳の時に訪れた際、その素晴らしい街並みに感銘を受け「馬見原ハ シャレタ町ナリ」と日記に記したという「熊本県上益城郡山都町馬見原」にある「馬見原橋(まみはらばし)」です。  宮崎県と熊本県の県境にそびえる向坂山(標高1,684m)を源とし、宮崎県北部を東に向かって流れる清流「五ヶ瀬川」の上流部に架かる

            【偏愛土木写真021】鉄道会社なのに水力発電⁉ 首都圏の朝を支えるダム

             皆さま、こんにちは土木写真部・新潟支部のたかてぃです。 今回はJR東日本が所有する水力発電施設に関する記事です。JRの発電施設と聞いて、えっ?と思われた方もいらっしゃるのではないでしょうか。 実は、JR東日本は鉄道会社で唯一、発電施設を持つ会社で首都圏の朝ラッシュの電力の6割は自前の発電所、川崎火力発電所(川崎市)と信濃川発電所(新潟県十日町市・小千谷市)で賄っています。 今回は、このうち信濃川発電所に関する記事です。   1. 概要JR東日本信濃川発電所は宮中取水ダ

            NO BRIDGE,NO LIFE.

            偏集長のマツです。 今日8月4日は、1986(昭和61)年に宮崎で生まれた「橋(はし)の日」。 毎日が記念日を豪語する、わたくし橋の町医者マツが特に悦びに満ちあふれる日です。 全国津々浦々の名もなき橋に感謝! そして、それをつくり、守り、大切に使ってくださる皆様全員に感謝! よっしゃ!今宵は酒でも飲むかな(*゚▽゚*) ※写真は、沖縄県のワルミ大橋。橋梁技術者として育ててくれた橋のひとつです。

            横浜のビール坂は、ビール坂史上最も急な勾配!?

            坂好き、勾配フェチの副偏集長の外山田です。ビールが極上に旨く感じる季節に呼応するような坂の小ネタ「ビール坂」を3回連続でお届けする2回目は横浜のビール坂です。 前回の東京・恵比寿のビール坂はこちらです。 横浜は坂のまち!?「横浜」のイメージは、きっと上の画像のような「海・港」を思い浮かべる人は多いと思います。他には、中華街のような「繁華街・歓楽街」とか、赤レンガ倉庫のような「おしゃれスポット」とか、都会的な観光地としてのイメージが多くを占めているんじゃないでしょうか。

            生きているだけでも暑い夏を乗り切る現場7つの対策!

            こんにちは。見学家の小島です。 このところ暑いですね。こんな時は早起きして朝の涼しいうちに作業するに限ります。(現在午前4時半) さて、今年は6月中に梅雨も明けてしまい連日35℃を超える暑さが続きました。いったんは涼しくなりましたが、気象庁によると今年の夏は平年より暑いそうです。 生きているだけで暑いのに、工事現場で働く方々は一体どうやってその暑さを乗り切っているのか。 各現場いろいろ対処法はあると思うのですが、今回は鹿児島の建設会社「南生建設」にご協力いただき、どんな

            街灯がかわいい!恵比寿のビール坂

            坂を見つけたら駆け上がりたくなる偏愛の持ち主、外山田です。坂のnoteをいくつか書いてきていますが すっかり梅雨が明けてしまい(6月なのに!)、ビールが極上に旨く感じる季節に呼応するような小ネタを3回連続でお届けしようと思います。今日は東京・恵比寿のビール坂です。 スペックと由来 JR恵比寿駅東口から恵比寿通りを東に徒歩4分ほどいくと、ビール坂の起点となる恵比寿四丁目交差点に着きます。平均斜度2.2度というだけあって、緩やかすぎるくらい緩やかな坂なんですが、そもそも「恵比