Editor's note

12
+1

10月22日 公共事業の「伝え方」を考える。

 偏集長のマツです。10月22日にオンライン講演しますよ(・ω・)v

 市場に任せているだけだと国民の生活に不可欠なサービスが十分に行き渡らないと考えられる場合に、国や自治体がみんなで出し合った税金を使って作ったり行ったりするものを「公共事業」といいます。

 その公共事業の「伝え方」について考えるフォーラムにて、マツが基調講演をさせていただきます(ノ^^)ノ 
「公共事業とは『やさしさをカタチ

もっとみる
スキありがとうございます!引き続き、楽しいコンテンツを発信します。

土木技術者の系譜-下水道の日に思う-

 9月10日は下水道の日。偏集長のマツです。

 当時日本だった台湾の人たちをマラリアやコレラから救ったウイリアム・バルトン、その弟子の濱野彌四郎(はまのやしろう)、そして、その弟子の八田與一(はったよいち)の三人の土木技術者の名前を知っているだろうか?
 特に覚えていただきたいのは、医師兼国会議員第一号だった濱野昇(はまののぼる)の養子、濱野彌四郎だ。なんと23年間も台湾の上下水道整備に貢献して

もっとみる
スキありがとうございます!引き続き、楽しいコンテンツを発信します。
+1

マツ編集長の本棚 #2〜川と国土史~

「わが国がもつ本来的な自然条件を基盤として、風土に根ざした個性ある地域整備とはどのようなものであるのか、それが筆者の長年の課題である。」(『国土づくりの礎 川が語る日本の歴史』(松浦茂樹著)あとがきより)

土木学会土木図書館委員会から松浦茂樹博士の訃報が届いたのはお盆休みに入る日の朝でした。松浦先生は、敗戦から3年後の昭和23年(1948年)埼玉県生まれ。大阪万博の翌年の昭和46年に東京大学を卒

もっとみる
スキありがとうございます!引き続き、楽しいコンテンツを発信します。