マガジンのカバー画像

偏愛土木写真from土木写真部

23
このコーナーでは、土木写真部(https://www.facebook.com/doboku.photo)の部員が一押しの土木構造物やお気に入りの写真をご紹介します。
運営しているクリエイター

記事一覧

【偏愛土木写真0022】しゃれた町のしゃれた橋「馬見原橋」

 このコーナーでは、土木写真部の部員が一押しの土木構造物やお気に入りの写真をご紹介します…

【偏愛土木写真021】鉄道会社なのに水力発電⁉ 首都圏の朝を支えるダム

 皆さま、こんにちは土木写真部・新潟支部のたかてぃです。 今回はJR東日本が所有する水力発…

【偏愛土木写真0020】通水100周年!ライトアップされた大河津分水路

 このコーナーでは、土木写真部の部員が一押しの土木構造物やお気に入りの写真をご紹介します…

【偏愛土木写真0019】規則正しく美しく ~ダムの「フーチング」を愛でてみよう~

 このコーナーでは、土木写真部の部員が一押しの土木構造物やお気に入りの写真をご紹介します…

【偏愛土木写真0018】木の温もりに包まれて

 このコーナーでは、土木写真部の部員が一押しの土木構造物やお気に入りの写真をご紹介します…

【偏愛土木写真0017】春になったら ダム穴を観に行く!!!

 このコーナーでは、土木写真部の部員が一押しの土木構造物やお気に入りの写真をご紹介します…

【偏愛土木写真0016】東洋一のアーチ橋と呼ばれた橋「青雲橋」

 このコーナーでは、土木写真部の部員が一押しの土木構造物やお気に入りの写真をご紹介します。  第16回は熊本県熊本市から宮崎県延岡市に至る一般国道218号に架かる「青雲橋(宮崎県日之影町)」です。  宮崎県北部を東西に流れる清流「五ヶ瀬川」の支川、日之影川に架かる「青雲橋」は中央径間がスパンドレルブレースドアーチ、側径間が2径間連続鈑桁及び単純合成鈑桁からなる橋長410mの長大橋です。   水面から橋面までの高さ137mは、建設当時の国道橋としては国内最大であり、「東洋一

スキ
73

【偏愛土木写真0015】まるで宝石のような水を湛える鎧畑ダム

 このコーナーでは、土木写真部の部員が一押しの土木構造物やお気に入りの写真をご紹介します…

【偏愛土木写真0014】日本一の規模を誇る木造車道橋「かりこぼうず大橋」

 このコーナーでは、土木写真部の部員が一押しの土木構造物やお気に入りの写真をご紹介します…

【偏愛土木写真0013】国指定重要文化財「綱ノ瀬橋梁及び第三五ヶ瀬川橋梁」

 このコーナーでは、土木写真部の部員が一押しの土木構造物やお気に入りの写真をご紹介します…

【偏愛土木写真0012】モノクロ土木写真のススメ

 このコーナーでは、土木写真部の部員が一押しの土木構造物やお気に入りの写真をご紹介します…

「NO DOBOKU, NO LIFE. XII 土木技術者による土木構造物だけの写真展」が開催されます…

 偏集長のマツです。土木写真の聖地”宮崎県”から恒例行事の便りが届きました。  今回はfr…

【偏愛土木写真0011】災害で消えゆく勇姿を記録する

 このコーナーでは、土木写真部の部員が一押しの土木構造物やお気に入りの写真をご紹介します…

【偏愛土木写真0009】牛根大橋

 このコーナーでは、土木写真部の部員が一押しの土木構造物やお気に入りの写真をご紹介します。第9回は、鹿児島湾(通称:錦江湾)に架かり、桜島のランドマークとなっている牛根大橋(うしねおおはし)です。 牛根大橋(鹿児島県垂水市牛根麓~鹿児島市黒上町)  国道220号牛根麓地区は、豪雨で頻繁に断崖の崩落が発生していました。連続雨量150mmを超えると通行車両の安全確保の為に事前通行規制となっていましたが、それを解消する早崎防災事業の一環として、平成12年からおよそ8年の歳月を経て

スキ
64