マガジンのカバー画像

テーマ「橋」

16
「橋」についての投稿です。 2021年5月の特集テーマでもあります。
運営しているクリエイター

記事一覧

【田中豊】100年前の橋梁を診断!日本の橋梁界の育ての親の結果は?~土木スーパースター列伝 #13

【田中豊】100年前の橋梁を診断!日本の橋梁界の育ての親の結果は?~土木スーパースター列伝 #13

みなさまの「推し橋梁」は何ですか? 私の「推し橋梁」は…決めきれませんが、今回ご紹介する偉人『田中豊』先生が手掛けた東京・隅田川六大橋の中の清洲橋が好きです。

はじめまして。山口大学の蓮池里菜と申します。学生の時から教員になった今も、橋梁の維持管理、主に鋼橋の腐食に関する研究をしています。普段何気なく通過している橋梁ですが、ランドマークとしての意味合いも強く持つ土木構造物だと思っています。

もっとみる
【偏愛土木写真0016】東洋一のアーチ橋と呼ばれた橋「青雲橋」

【偏愛土木写真0016】東洋一のアーチ橋と呼ばれた橋「青雲橋」

 このコーナーでは、土木写真部の部員が一押しの土木構造物やお気に入りの写真をご紹介します。
 第16回は熊本県熊本市から宮崎県延岡市に至る一般国道218号に架かる「青雲橋(宮崎県日之影町)」です。

 宮崎県北部を東西に流れる清流「五ヶ瀬川」の支川、日之影川に架かる「青雲橋」は中央径間がスパンドレルブレースドアーチ、側径間が2径間連続鈑桁及び単純合成鈑桁からなる橋長410mの長大橋です。 

 水

もっとみる
【偏愛土木写真0014】日本一の規模を誇る木造車道橋「かりこぼうず大橋」

【偏愛土木写真0014】日本一の規模を誇る木造車道橋「かりこぼうず大橋」

 このコーナーでは、土木写真部の部員が一押しの土木構造物やお気に入りの写真をご紹介します。 
 第14回は、車が通行可能な木造橋として日本一の規模を誇る「かりこぼうず大橋(宮崎県西米良村)」です。

かりこぼうず大橋について

 この橋が林道「小山重(こざえ)線」に架かる橋であることや、宮崎県における杉材の原木出荷量が日本一であることから、宮崎県産杉の集成材を用いた木造橋が建設されました。
 橋梁

もっとみる
【偏愛土木写真0013】国指定重要文化財「綱ノ瀬橋梁及び第三五ヶ瀬川橋梁」

【偏愛土木写真0013】国指定重要文化財「綱ノ瀬橋梁及び第三五ヶ瀬川橋梁」

 このコーナーでは、土木写真部の部員が一押しの土木構造物やお気に入りの写真をご紹介します。

 第13回は2005年(平成17年)9月の台風14号よる大雨のため、第一五ヶ瀬川橋梁と第二五ヶ瀬川橋梁が流失するなど甚大な被害を受け、2008年(平成20年)12月に全線廃止となった高千穂鉄道の廃線跡に残る「綱ノ瀬橋梁及び第三五ヶ瀬川橋梁」です。

 旧高千穂鉄道の主要な橋梁の設計・施工には、「コンクリー

もっとみる
【募集】12/1~31 ライモンがフォトコン開催!

【募集】12/1~31 ライモンがフォトコン開催!

 偏集長のマツです。すっかり寒くなってきましたね。みなさんは、LIMN(ライモン)って知っていますか。知りませんよね(^-^; リムって読んじゃだめなのかな。これは、地方インフラ・メンテナンスネットワーク(代表者不明)の愛称のようです。土木学会インフラメンテナンス総合委員会 の下部組織を名乗っているようですが、謎しかありません。

地方インフラ・メンテナンスネットワーク(LIMN)
 土木学会イン

もっとみる
【偏愛土木写真0011】災害で消えゆく勇姿を記録する

【偏愛土木写真0011】災害で消えゆく勇姿を記録する

 このコーナーでは、土木写真部の部員が一押しの土木構造物やお気に入りの写真をご紹介します。第11回は、福岡県東峰村にあるJR日田彦山線の栗木野橋梁と宝珠山橋梁、第二大行司橋梁です。
 カバー写真は、列車が走る栗木野橋梁です(2016年12月撮影)。

日田彦山線にかかる美しいコンクリート多連アーチ橋

ライトアップされた栗木野橋梁(2020年12月撮影)

 JR日田彦山線は、大分県の日田駅と福岡

もっとみる
橋梁エンジニアと行く、橋の技術史舟遊び

橋梁エンジニアと行く、橋の技術史舟遊び

 こんにちは偏集長のマツです。

 東京では、新型コロナウイルスの緊急事態宣言がようやく解除されましたが、まだ予断を許さない状況とか。そんな中ではありますが、部屋に閉じこもってばかりいると気持ちが病んでしまいそうです。そこで、今回は土木偏愛者にもってこいのおすすめイベントをご紹介します。

 年に一度だけ開催される、大人のための上質な舟遊びで評判の舟遊びみづはさんとマツのコラボ企画。四年目の今年は

もっとみる
【偏愛土木写真0009】牛根大橋

【偏愛土木写真0009】牛根大橋

 このコーナーでは、土木写真部の部員が一押しの土木構造物やお気に入りの写真をご紹介します。第9回は、鹿児島湾(通称:錦江湾)に架かり、桜島のランドマークとなっている牛根大橋(うしねおおはし)です。

牛根大橋(鹿児島県垂水市牛根麓~鹿児島市黒上町)  国道220号牛根麓地区は、豪雨で頻繁に断崖の崩落が発生していました。連続雨量150mmを超えると通行車両の安全確保の為に事前通行規制となっていました

もっとみる
【偏愛土木写真0007】再び期間限定の夜景

【偏愛土木写真0007】再び期間限定の夜景

 このコーナーでは、土木写真部の部員が一押しの土木構造物やお気に入りの写真をご紹介します。第7回は、熊本県の天城橋(てんじょうきょう)です。

天城橋(熊本県天草市~宇城市) 大矢野バイパスの入り口に位置し、天草五橋のひとつで、通称「天門橋」として親しまれている天草1号橋に並走する形で、新天草1号橋として建設されました。天草市と宇城市をつなぐ位置にありますので名前の由来は説明不要ですよね。

期間

もっとみる
【偏愛土木写真0004】土木な夜が好き

【偏愛土木写真0004】土木な夜が好き

 このコーナーでは、土木写真部の部員が一押しの土木構造物やお気に入りの写真をご紹介します。第4回は、熊本県にある新阿蘇大橋です。一級河川黒川をまたぎ、熊本市内と阿蘇を結ぶ国道325号線に架かる橋梁です。

新阿蘇大橋(熊本県阿蘇郡南阿蘇村) 通称「赤橋」として親しまれた阿蘇大橋が2016年4月の熊本地震で落橋しました。元々あった場所から下流へ600m移動して、新しく建設されたのが「新阿蘇大橋」です

もっとみる
『橋の下』から『橋の裏側』を見上げてみると

『橋の下』から『橋の裏側』を見上げてみると

土木写真部の嵯峨山です。本業は某地方自治体に土木職として勤務する、いったって真面目【自称】な公務員です。

私が所属する土木写真部は、土木構造物の魅力を多くの人に伝えることを目的に活動しています。

その活動の一環として、Facebookに土木構造物の写真を公開しているのですが、その中でも橋の写真は人気コンテンツの一つです。

そんな人気の橋の写真の中で、あることに気がつきました。それは橋の裏側(

もっとみる
ソーカツの推し「橋」と推し「渡船」#2

ソーカツの推し「橋」と推し「渡船」#2

九州地方整備局の総括技術情報管理官(ソーカツ)です
五月、フロムドボクのテーマは「橋」
ソーカツの生まれ故郷は北九州市若松区、若松の「橋」といえばこれしかありません
ソーカツの推す「橋」は、1962 年架設「東洋一の吊り橋」と当時呼ばれた洞海湾を跨ぐ深紅の「若戸大橋」です

洞海湾は若松・戸畑・八幡にかこまれ、石炭と鉄によって高度成長をささえる北九州工業地帯の中心にあります
北九州市が五市合併する

もっとみる
おすすめする土木遺産の橋・5選

おすすめする土木遺産の橋・5選

はじめまして、かとうたかしです。京都市伏見区出身で、東京・八王子市の多摩ニュータウン在住の土木技術者です。

ぶらり町中を歩きながら土木構造物を探索することを趣味にしている私がおすすめする"土木遺産に認定されている橋"を5か所紹介したいと思います。

紹介する橋は、多摩ニュータウンの近場から2橋。そして、私の出身地である、京都・伏見区やその周辺にある橋を3つご紹介します。

土木遺産の探し方まず、

もっとみる
橋好きドボジョのつぶやき

橋好きドボジョのつぶやき

私は「橋」が好きです。

就職してからずっと橋に関連する仕事をしているせいか、橋を目にすると無意識に目が行ってしまい、特にお気に入りの橋というのはありませんが、大きな橋を間近で見るとなんだかわくわくします。

橋の種類についてお話します。橋にはいろいろな種類があり、構造形式、材料、機能などで分類されます。

構造形式別
桁橋、トラス橋、アーチ橋、ラーメン橋、吊橋、斜張橋、エクストラドーズド橋など

もっとみる