土木写真部も活躍!トシコーフォトコン結果発表!
見出し画像

土木写真部も活躍!トシコーフォトコン結果発表!

 偏集長マツです。普段の業務に加え研修講師やイベント企画・登壇など、来るもの拒まずな姿勢で臨んでいたら、事後報告が遅れてしまっています。少しずつでも書いていきますね。

 去る10月25日、福岡北九州高速道路公社設立50周年を記念して開催されたトシコーフォトコンテスト(審査員長 進藤環九産大准教授)の表彰式が開催されました。素敵過ぎる819点のトシコー写真の中から16作品が受賞。私は審査員と、表彰式の司会をつとめさせていただきました。

画像1

 受賞者の皆さまに心よりお喜び申し上げたいと思います。また、激務の中、運営を担われた都市高速職員の皆さまに心より敬意を表します。お疲れさまでした!

↓↓↓入賞作品はこちら↓↓↓


偏愛土木写真from土木写真部」にも寄稿していただいた、山本さん、鵜木さんもW受賞!さすがです!

画像2

今回マツは企画側だったので写真は出せなかったのですが、次回のトシコーフォトコンに向けて、今後もトシコーの写真を撮りまくりますよ!

 文:松永 昭吾(マツ) fromDOBOKU偏集長
土木酒場大将。51歳。酒と本をこよなく愛する橋の町医者。「土木は優しさをかたちにする仕事」がモットー。土木学会土木図書館委員会委員、土木学会誌編集委員、地震工学委員会委員、土木偏愛note「fromDOBOKU」編集長。土木写真部福岡支部長、土木偉人かるた部西部支部長、マンホール探検隊九州支部長。(株)インフラ・ラボ代表取締役、(株)サザンテック執行役員上席技師長。工学博士・技術士・防災士。
スキありがとうございます!引き続き、楽しいコンテンツを発信します。
土木のことをカジュアルに噛み砕いたユニークな形で届けることを目的に、土木工学の専門家やインフラ管理支援ボランティア、土木工学を志す学生たちが文章、写真、イラスト、動画、音声配信などのコンテンツを発信していく『from DOBOKU(フロムドボク)』です。