見出し画像

from DOBOKUを始めるにあたり、編集コンセプトを考えてみた


URL「from-doboku.jp」こと、『from DOBOKU』で副偏集長を務めることになりました外山田と申します。

僕は土木関連の仕事をしているわけでもないのに、なぜ土木メディアの副偏集長を任されるに至ったのかとか、ただの“非土木”な一般人である僕が土木に触れたきっかけは?とか

そんな身の上話は退屈なので一切を割愛しまして(笑)、このnoteがどんなことをやっていくのか、その辺をお伝えできたらなと思います。


4月のテーマは「石」

この『from DOBOKU』は、毎月ひとつのテーマを決めて、そのテーマに沿って文章、写真、イラスト、動画、音声配信などを発信していくコンセプトになっています。この4月のテーマは「石」だそうです。

かの宮沢賢治はぶるいの石好きだったそうです。雨ニモマケズ風ニモマケズ、ケンジは石と戯れていた。本当か!?


パワーストーンのように宝石としての石好きはたくさんいそうです。ですが、ここは土木メディアですので、キラキラしたエネルギーを持った石を取り上げるのではなく(スピリチュアル系は嫌いではありませんが)、石を土木目線でいろいろな角度から扱うイメージでいます。


「石」と言っても無限大!

石をテーマにどんなネタが生まれてくるのか、ここで勝手に予想してみたいと思います。

鉱石の採掘現場で使われる重機の話
硬い石を粉砕する重機の先端(アタッチメントと呼びます)はどんな素材でできているのか? 重い石を運ぶのにどれだけのエネルギーが必要か? 人間が素手で運べる石の限界重量は? ピラミッドの石について。

城の石垣(石垣マニアっていますよね!)
石垣ってどうやって作るの? 石垣で使われる石の種類に特徴はあるのか? 日本に石垣はいくつあるのか? 石垣島の名前の由来は”石垣”ではなかった!? 石垣好きがオススメする極上の石垣3選!

石橋と石段の話
日本一長い石橋の話、“石橋銀座”と呼ぶに相応しい都道府県はどこか? 日本一長い石段の最速タイムは? 石段が映えるオススメの寺社。

行きたくなる!現存する「石」の土木施設
石の文化は九州にあり! 現存する日本最古の取水施設「石井樋」、石積防波堤を愛しすぎた男の話、松尾芭蕉が詠んだ「石」の俳句を訪ねる。

といった感じで、「石」を切り口に土木的な目線は多様に広がっていきます(と思っています)。


編集前記という謎のシリーズ

が、例えをたくさん出しておきながら、これらのネタが今後アップされるというわけではありません。実は、偏集会議が行われる前に、このnoteをアップしているからです(笑)。

どんなコンテンツが展開されるのかイメージを掴んでもらおうと、独断と偏見で出してみました(すみません…)。編集後記はよくあるけれど、編集前記ってないよなと思いましてね!

毎月のテーマは最終的に偏集長が出すわけですが、僕は“非土木”の人なので、実際は何も知らないんですよね。だから、愛を表現できない。。。

だったら、偏集会議が行われる前に、僕がもし書くとしたら!という妄想を「偏集前記」として残そうと思いたちまして、マガジン化しようと思います。ぜひ、マガジンのフォローをお願いしまーす!


目指すは『マツコの知らない世界』の土木版!?

とかく土木は堅く、地味。あまりに当たり前にあるがゆえに、あまりに当たり前にスルーされているものです。“非土木”な僕も同じです。

僕に副偏集長を任せたワケを僕なりに考えるときっと、土木の外からの目線を偏集方針にどんどん取り入れてほしい!という意図なのだろうと思います。

世の中、いろんな”好き”があるものなんですよね。それら”偏った愛”を堂々と言える良い時代感があって、土木好きも自分の”偏愛”ぷりをオープンにしてもいいんじゃないか?と着想したTV番組がありました。

毎週火曜日夜8時57分から放送されているTBSの『マツコの知らない世界』です。

ゲスト自ら得意ジャンルや、現在ハマっているものを企画として持ち込み、その”偏愛”ぷりをマツコさんにプレゼンしていくというスタイルの番組ですが

この『from DOBOKU』を通じて、土木への新しい関心を持ってくれることはもちろん、埋もれた土木好きをマイニングしてみたい。そう思うのです。

コメント欄は開放するつもりです。どしどし頂ければ励みになります。YouTubeアカウントも取得したので、動画コンテンツも展開予定です。

最近のclubhouseを使った音声発信もやってみたいですし、ユーザーからの依頼も受け付けたいと思っています。

あなたが土木の人でなくても良いのです。偏った愛がそこにあれば、あなたも『from DOBOKU』のメンバーです。

文責・外山田洋


追伸

せっかくなので「日本一長い石段の最速タイムは?」の答え合わせをしておきますね。

日本一長い石段

熊本が誇る日本一石段『釈迦院御坂遊歩道』。その段数は3333段!

画像1

出典:熊本県観光サイト『もっと、もーっと!くまもっと。』


約1200年の歴史をもつ釈迦院は下益城郡美里町坂本にあり、信仰すれば長患いせずに極楽へ旅立てる〝ポックリ寺〟と呼ばれるとか。

その表参道にあたる「御坂」に、1988(昭和63)年に町の活性化を目的に完成したのが、高低差600mを3333段の石段で上り下りできる『釈迦院御坂遊歩道』で

全国10か所の石と海外7か国の御影石を使用していて、健康な人でも往復2時間以上かかる難所とされ、そんな『釈迦院御坂遊歩道』を使った一気登りのレースが行われています。

画像2

出典:熊本県観光サイト『もっと、もーっと!くまもっと。』


【Red Bull 白龍走】

男子最速記録:24分42秒
女子最速記録:32分03秒

今年は6月19日–20日に行われるようで、エントリーの受付が行われています。これまでの「一般戦」「学生チーム戦」「エキスパート戦」に「リレー戦」が加わったようです。

足に覚えがあるそこのあなた、チェレンジしてみては?

スキありがとうございます!引き続き、楽しいコンテンツを発信します。
14
土木のことをカジュアルに噛み砕いたユニークな形で届けることを目的に、土木工学の専門家やインフラ管理支援ボランティア、土木工学を志す学生たちが文章、写真、イラスト、動画、音声配信などのコンテンツを発信していく『from DOBOKU(フロムドボク)』です。