新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

ソーカツの推し「橋」と推し「渡船」#2

九州地方整備局の総括技術情報管理官(ソーカツ)です
五月、フロムドボクのテーマは「橋」
ソーカツの生まれ故郷は北九州市若松区、若松の「橋」といえばこれしかありません
ソーカツの推す「橋」は、1962 年架設「東洋一の吊り橋」と当時呼ばれた洞海湾を跨ぐ深紅の「若戸大橋」です

⑫ソーカツの推し 若松地図

洞海湾は若松・戸畑・八幡にかこまれ、石炭と鉄によって高度成長をささえる北九州工業地帯の中心にあります
北九州市が五市合併する前、まだ若松市だった頃「おいべっさん」と呼ばれた「恵比寿神社」の祭り、高塔山への遠足、アーケード商店街など懐かしい思い出です
久しぶりに訪れると、あの頃の活気は感じられませんが、ウォータフロント再開発されレトロでお洒落な町並みになっていました


イラストは、夕暮れの戸畑から若松方向をみた「若戸大橋」です

⑫ソーカツの推し若戸大橋2

架設技術は後に「関門橋」や「本州四国連絡橋の吊り橋」へ引き継がれているそうです


ソーカツの推し もうひとつは「渡船」です

⑫ 渡船船着き場

⑫ 渡船

「若戸大橋」が自動車専用道路になったことで復活した、若松~戸畑間の北九州市営「渡船」

コロナ禍前のことですが、自宅から自転車で若松まで走り、恵比寿神社を参拝、市内を散策したら「渡船」に乗り込みます
帰路に着く学生や買い物客と若戸大橋を仰ぎ見ながら3分間の船旅 
日常に「渡船」のある生活を、非日常として楽しめました
JR戸畑駅で輪行し、鹿児島本線で帰路につきます

⑫サイクリング左右反転 トリミング


文責・イラスト:ソーカツ
 九州地方整備局 総括技術情報管理官
 福岡大学土木工学科卒 美術部

好きなこと・もの
 【アウトドア系】
 庭球、自転車、散歩、野球観戦
 【インドア系】
 漫画イラスト、真空管で聴く音楽、アメカジ
 【アルコール系】
 九州の純米酒、宮崎県の焼酎、角打ち
 【B級グルメ】
 皿うどん、弁当ヒライの天丼、おでん牛すじ
スキありがとうございます!引き続き、楽しいコンテンツを発信します。
7
土木のことをカジュアルに噛み砕いたユニークな形で届けることを目的に、土木工学の専門家やインフラ管理支援ボランティア、土木工学を志す学生たちが文章、写真、イラスト、動画、音声配信などのコンテンツを発信していく『from DOBOKU(フロムドボク)』です。