デミマツ再始動!帰ってきたワクワク土木土木(ドキドキ) 第一弾は『探検!立野ダムを食べつくせ!』参加者募集
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

デミマツ再始動!帰ってきたワクワク土木土木(ドキドキ) 第一弾は『探検!立野ダムを食べつくせ!』参加者募集

画像2

国土交通省九州地方整備局と土木広報でタッグを組むあのふたりが藤巻整備局長を襲撃ψ(`∇´)ψ
新型コロナウイルス感染症の影響でおよそ2年間止まっていた、ちびっ子向け土木本物体験イベントはいよいよ11月20日の立野ダム工事現場を皮切りにパワーアップして再始動します!
すべては次の世代のために!

第25回デミーとマツの土木体験イベント
『探検!立野ダムを食べつくせ!』

画像1

第25回デミーとマツの土木体験イベント
『探検!立野ダムを食べつくせ!』


開催日時:11月20日(土)10:00~12:30
開催場所:立野(たての)ダム工事現場
集合時間:9:45
集合場所:あそ立野ダム広報室
    (旧立野小学校)
   (熊本県南阿蘇村立野1596)

対象 熊本県内の小中高生(保護者同伴)
   先着 5組10名 参加無料
申込み/問合せ先:出水(でみず)
   dobokugo@gmail.com
   070-6596-4691
締切 11月18日(木)

主催 噂の土木応援チームデミーとマツ
後援 西松・安藤ハザマ・青木あすなろ特定JV
協力 国土交通省立野ダム事務所
※2年ぶりの開催となります


文:松永 昭吾(マツ) fromDOBOKU偏集長
土木酒場大将。51歳。酒と本をこよなく愛する橋の町医者。「土木は優しさをかたちにする仕事」がモットー。土木学会土木図書館委員会委員、土木学会誌編集委員、地震工学委員会委員、土木偏愛note「fromDOBOKU」編集長。土木写真部福岡支部長、土木偉人かるた部西部支部長、マンホール探検隊九州支部長。(株)インフラ・ラボ代表取締役、(株)サザンテック執行役員上席技師長。工学博士・技術士・防災士。
スキありがとうございます!引き続き、楽しいコンテンツを発信します。
土木のことをカジュアルに噛み砕いたユニークな形で届けることを目的に、土木工学の専門家やインフラ管理支援ボランティア、土木工学を志す学生たちが文章、写真、イラスト、動画、音声配信などのコンテンツを発信していく『from DOBOKU(フロムドボク)』です。