土木学会WEB情報誌『from DOBOKU』〜土木への偏った愛
街灯がかわいい!恵比寿のビール坂
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

街灯がかわいい!恵比寿のビール坂

土木学会WEB情報誌『from DOBOKU』〜土木への偏った愛

坂を見つけたら駆け上がりたくなる偏愛の持ち主、外山田です。坂のnoteをいくつか書いてきていますが

すっかり梅雨が明けてしまい(6月なのに!)、ビールが極上に旨く感じる季節に呼応するような小ネタを3回連続でお届けしようと思います。今日は東京・恵比寿のビール坂です。

スペックと由来

恵比寿のビール坂の坂下は恵比寿四丁目の交差点です

所在地:恵比寿通りと新橋通りをつなぐ坂道。渋谷区恵比寿4丁目の交差点から恵比寿1丁目まで南に向かって上る。登り切った先は日仏会館・フランス 国立日本研究所(創設者は渋沢栄一)。長さ:460m、平均斜度2.2度、高低差18m


Google Mapにも「ビール坂」の文字が…


JR恵比寿駅東口から恵比寿通りを東に徒歩4分ほどいくと、ビール坂の起点となる恵比寿四丁目交差点に着きます。平均斜度2.2度というだけあって、緩やかすぎるくらい緩やかな坂なんですが、そもそも「恵比寿」という地名は日本麦酒醸造(現サッポロビール)が恵比寿ビールを作っていたことから名付けられた名称ですが、そのビールを運ぶ際に使っていた坂だったので「ビール坂」として親しまれていたようです。

かわいい街灯

ビール坂周辺には隠れ家的なお店もあり、多くの飲食店がありますが、さすがですね。商店会の名前もそのまま「ビール坂商店会」でした。その商店会が主催する「ビール坂祭り」という"奇祭"があるそうで、周辺の名店たちが出店するクオリティの高い屋台が人気だとか。でも、残念ながらこの2年はコロナ禍により中止。今年の秋には開催されたら行ってみたいです。

そんなビール坂を歩いていて気がついたのは街灯です。日本初の街灯は、明治5年(1872) 横浜・馬車道に設置されたガス灯ですが、ビール坂の街灯はもちろんビールジョッキ!その数は60個を超えるそうです。LEDを使った省エネ灯として、地域一帯に設置されています。行くなら夜です!

次回はあかりが灯る夜に行ってみたい!

富士山が見えるから富士見坂、馬を連れて通ったから馬坂、胸を突くほどの急坂だから胸突坂。坂の名称には必ず由来があり、地形や歴史、地域の物語などが関わっている場合が多いです。「ビール坂」という名称はかなりユニークではありますけど、覚えやすく、愛されやすい坂ですよね。

地ビールからクラフトビールへと変貌を遂げている各地のビールですが、あなたの街に「ビール坂」と呼ばれる坂はありますか? ぜひ、教えてください。次回は横浜市にあるビール坂をご紹介します。

文責:副偏集長 外山田洋
フリーの編集者 兼 ライター/デザイン制作会社のプロデューサー/ラジオパーソナリティ・MC などと、落ち着きのない仕事感をごちゃっとカバンに詰めて、雨のちハレの精神で生きる人です。趣味はトレイルランニングと農業。土木は門外漢。



みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
土木学会WEB情報誌『from DOBOKU』〜土木への偏った愛
土木のことをカジュアルに噛み砕いたユニークな形で届けることを目的に、土木工学の専門家やインフラ管理支援ボランティア、土木工学を志す学生たちが文章、写真、イラスト、動画、音声配信などのコンテンツを発信していく『from DOBOKU(フロムドボク)』です。